本当の教育とは学校だけでは学べない

子供に教育を行うときのセオリーとなる考え方

本当の教育とは学校だけでは学べない 親として子供に教育を施すときには、セオリーとなる考え方があります。なにはなくとも子供が親に何を求めているのか、それだけは理解しておいた方が良いでしょう。ただ単純に勉強を教えたり、社会の仕組みを教えることが教育ではないです。子供は親に何かしらを行い、そしてそれを認めてもらいたいと思っています。その単純な仕組みを親として理解すれば、それだけでどのように子供と接すれば良いのかが見えてくるようになるでしょう。子供がなぜ勉強しているのか、そしてなぜ部活動に熱心に頑張ることができるようになっているのか、ただ単純に子供の性格だからと捉えるのではなく、その理由を考えてみることが大事です。

それはすなわち、子供が親に認めてもらいたいと思っていることが関係しているでしょう。すべての子供に言えることですが、何かを成し遂げて、親に認めてもらいたいと思うのが子供としては当然です。なので、親はしっかりと子供のことを見てあげる必要があると言えるでしょう。きちんとその子供が何かを成し遂げたら、そこで褒めてあげるように意識したいところです。そうすることで、子供をしっかりと親に信頼されていると言うことを理解できるようになりますし、さらに次のステージを目指そうと頑張るようになるでしょう。単純なことなのですが、気づいていない親も多いので、教育の基本をきちんとおさらいすることが大事です。

Copyright (C)2019本当の教育とは学校だけでは学べない.All rights reserved.