本当の教育とは学校だけでは学べない

教育は公平に与えられるべき物です。

本当の教育とは学校だけでは学べない 教育は公平に与えられるべき物です。子どもたちは国の宝なので、その子どもたちを立派な大人にしていくには、必要な物です。万人に平等に与えられるチャンスというのは作られないといけないです。日本では義務教育が必須になっていますが、それでも学校の授業のなかで、誰もが同じ扱いを受けているのかというと、そうではない結果が出てきます。もちろん貪欲に聞くことができる生徒のほうが、先生としても指導のし甲斐があります。ですが、そういう生徒ばかりを指導していても、クラス全体の子どもを指導できるのかという問題はでてきます。

大きく発言が出来ない子どもであっても、優秀な子どもはたくさんいます。まんべんなく機会を与えて、発言できる場所というのを作っていく必要があります。そういう隅々まで目の行き届いた学習というのが今の授業の中で行われているのかというと疑問にはなります。大勢の生徒の学習のフォローは、塾に頼っているところがあります。そうならば、もっと民間の塾と連携して、うまく子どもたちを指導していくほうが、先生の負担もへってきます。このあたりの緩い考え方というのが、今後素晴らしい人材を育成できるかどうかの瀬戸際になってきます。

Copyright (C)2019本当の教育とは学校だけでは学べない.All rights reserved.