本当の教育とは学校だけでは学べない

本当の教育とは学校だけでは学べない

本当の教育とは学校だけでは学べない 一般的に「教育」と言いますと、学校で学ぶ勉強のことが真っ先に浮かんでくると思います。そして「教育者」と言いますと学校の先生がまず浮かぶと思います。しかしそれはほんの一端に過ぎません。確かに学校の勉強も大切な教育の一環ですが、教育というものはそれだけではありません。受ける教育内容は勉強だけではなく、日常にある一切のことを含みます。そしてそれを教えてゆくべきなのは学校の先生だけではなく、親なども「教育者」になるべきであり、そういう自覚を持つべきです。

例えば人との関わり合いや世の中の成り立ちなども全ては「学ぶべきこと」であり、子供たちにはそれを教えてあげませんと学ぶ機会を持つことはできません。勉強はできるけど人に挨拶ができない子や、勉強ができない子をバカにする子、人との交流を全く図れない子などは教育が足りていません。そしてそれは学校の先生には及ばないことです。親や家族など周囲が教えるべきことです。やがて社会に出て社会生活を送ってゆくためには、人と人との関わりを円滑に持つ大切さを教えてあげる教育者が絶対に必要です。そのためにはやはり勉強やひたすら読書をするでなく、たくさんの人と触れてゆくことが大切です。社会は人と人との関わりあいで成り立っています。ここがうまくいきませんと勉強だけでは社会を渡れません。そういうことの教育を親や家族が子供が小さい頃から教育してあげることがとても重要だと思います。

Copyright (C)2019本当の教育とは学校だけでは学べない.All rights reserved.